Get Social

社内でも交渉は必要!会社内での交渉コミュニケーションがうまくなる方法

一面提示と両面提示の使い分け

社内コミュニケーションにはいろいろありますが、他部門と利害がぶつかる時に社内であっても交渉が必要な場合があるでしょう。そうしたケースに使える方法が3つあります。一つ目は、一面提示と両面提示の使い分けです。一面提示とは、物事のいい面だけを伝える方法で、メリットを強調すると理解するといいでしょう。両面提示はいい面と悪い面を公平に説明する方法で、相手とある程度信頼関係が築けている状態で冷静に交渉をするときに役立つでしょう。

クライマックス法とアンチクライマックス法

社内での交渉コミュニケーションをうまくやる方法の二つ目として、クライマックス法とアンチクライマックス法を使い分けるという手があります。クライマックス法は、一番重要な事を先に伝え、詳細を後で伝える方法で、相手に興味がない時などに有効です。アンチクライマックス法はその逆で、詳細の話から入り最後に重要な結論を説明するという方法で、相手がすでに交渉に関して十分興味を持っている場合などに有効でしょう。これを使い分けることで交渉を有利に進めることができるでしょう。

フットインザドアとドアインザフェイスの使い分け

社内交渉の手法の三つ目は、フットインザドアとドアインザフェイスのテクニックの使い分けです。フットインザドアというテクニックは、承認してもらえそうな小さな要求を先にしてイエスと言わせ、だんだん要請を大きくする手法です。一度イエスというとその後もイエスと言いやすくなるという心理を活用している手法といえるでしょう。ドアインザフェイスのテクニックは、大きな要求を断らせ「悪いな」という気分に乗じて小さな要求をして本当の要求にイエスと言わせる手法です。

企業を存続させるためには様々な事態に対応できるように対策を立てておくことが重要です。そのためにBCPを行いたいのなら、専門業者のアドバイスを受けてみることをオススメします。

急なトイレ詰まり!そんな時どう対処する?

自分でできる?対処法

トイレ詰まりはどの家庭でも起きる可能性のあるトラブルですよね。詰まってしまったらまずはトイレ用のラバーカップ(スッポン)で何度か処置をしてみましょう。排泄物などの詰まりの場合にはこれで解消されることも多いです。トイレ用のラバーカップはホームセンターやインターネットなどで簡単に手に入れることができるので、こういった時の場合に備えて用意しておくと安心ですね。ただし、何度繰り返しても改善しない場合には業者に依頼する必要があります。

トイレに落し物!そんな時は!?

ポケットに入れていたライターや小銭などの小物を、トイレに落として誤って流してしまったなどという経験をした方もいるのではないでしょうか。そんなトラブルの際にはトイレ用のラバーカップで改善する可能性もあまり高くないので、業者にすぐに依頼しましょう。詰まったりせずにその後問題なく使用できているという場合にも、そのままにしておくと後々のトラブルの原因になったりしますので、業者に一度みてもらった方が良いですね。

トラブルの前に業者を探しておこう

トイレの詰まりは突然起こるものです。そんな時のために依頼する業者はあらかじめ決めておいて電話番号や住所などを控えておくと便利です。夜間や早朝などでも対応してくれる、無料見積りをくれる、料金が安いなど様々な業者がありますので自分にとって便利な業者を探しておくと良いですね。いかがでしたか?このようにトイレトラブルの際の手順をマニュアル化しておいて家族で共有しておくと、いざという時慌てずに済むので安心ですね。

トイレ詰まりは日常的によくあることです。もし詰まりが発生してしまったら、焦らずにラバーカップを使って対処すれば大半は解決します。

ここで差が出る!タクシー運転が心がけたい3つのポイント

休憩時間帯と休憩場所で差をつける

バブルの頃のようにお金を気にせずタクシーに乗るような時代はとっくに終わったと言われているため、タクシー運転手が確実に売上げを稼ぐのはなかなか厳しいいようです。しかし、3つのポイントを実行することによって同僚ドライバーに差をつけることができるかもしれません。まず一つ目は休憩です。仮に12時間勤務だった場合、少なくとも1時間は休憩を取るのが一般的ですが、その休憩は一番お客さんが少なくなる時間帯、休憩場所は次の仕事が入り易い場所を選ぶことが大切でしょう。

あえて乗り場で待って確実に稼いで差をつける

二つ目のポイントは、タクシー乗り場で待って確実に稼ぐことです。一見、激戦区の激戦時間にタクシー乗り場で並んで待つことは時間の無駄のように感じるかもしれませんが、流してお客さんを拾えないリスクを考えると確実に待てばお客さんを乗せられる時間帯は、あえて並んで待つという姿勢も大切でしょう。さらに、一度お客さんを運んだあとでゆっくり流して戻るのではなく、まだ乗り場で確実に乗せられる時間帯であれば高速を使ってでも再度列に並ぶように徹底するのも一つのやり方です。

人の流れを想像して差をつける

三つ目は、この時間帯であれば人々はどんな動きをするだろうと想像し、ターゲットとなる場所へ直行することです。例えば、会社が終わる時間帯に合わせ郊外の営業所から都心へ向かう場合、その途中でお客さんを乗せやすいようにゆっくりと走るのではなく、追い越し車線側で一目散に都心へ向かうという徹底した行動が必要です。こういったことの積み重ねが一日一人の客数の差となって返ってくる可能性があるのです。いかに限られた時間を有効に使うかを考えることが優秀なタクシードライバーになるためのポイントでしょう。

役員運転手は運転の技術だけでなく応対などの研修も受けた厳選された人材を派遣して貰えるので品質も高いです。

ページ:1234567