Get Social

誰しも忘れがち。そこに気づいてうまく倉庫を活用しよう!

いつの間にか空きが足りない、なんてざらだよね。

必要だけど、今は使わないもの、邪魔なもの。そんなものをしまっておく倉庫はどこの企業や学校、施設にもあるものですよね。しかしいつの間にか空きスペースが足りなくなって困った、なんて経験は、たいていの人がしているのではないかと思います。必要な時に必要なだけスペースを準備できれば、困らないのですけどね。そんな都合の良い事はどこの国でも地域でもありえない事なので、私たちはモノの片付けたを考えなければいけないわけですね。

片付けたモノの場所もわからないなんて、ざら。

たいてい倉庫というのは、建物のすみっこにあったり、使ってない部屋を倉庫に見立てて使ったり、といった事が多いので宅急便屋さんのように荷物を収納するのが仕事という職場でないかぎりはたいてい広くはないものです。ですが皆不要なものを順に片付けにおいていってしまう。倉庫がモノでいっぱいになる頃には、空きがないだけならまだしもどこに何があったのかさえわからなく事がざらですよね。たとえ新しい倉庫スペースが確保できるとしても、収納物の場所がわからないのは宜しくないですね。

そうだ、収納管理表をつくろう!

空きがない、片付けたモノの場所がわからない、倉庫の悩みは誰しも経験があるのでしょうが、それに気づいたらちょっと間がてみましょう。スペースが足りないのは仕方ないとして、片付けたモノの場所がわからないのは再整理するにしても、必要なものを出し入れするにしても不都合ですね。まずは倉庫管理の必須作業として、倉庫の見取り図や収納物リストをつくりましょう。それだけで新しい倉庫が出来た時も整理しやすいし、倉庫の空きがないときにいるものといらないものの取捨選択もしやすくなりますよね。初歩的な事で誰でも思いつく事でしょうが、以外にこれをやらずに困る人が多いもの事実、ぜひ試してみてください。

多数の荷物が出入りする物流センターは業務を効率的に行うため、荷物の配置や人員の移動などを明確に提示することが大切です。また、輸送車両の扱いも混乱を避けるために綿密なスケジュールを組む必要があります。

Comments are closed.