Get Social

目からウロコ!美容師さんが困るオーダー法

なりたいイメージを明確に!

時には、なりたいヘアスタイルが決まらずにヘアサロンに行くこともあるものですよね。それでも、美容師さんから聞かれた質問にすべて「わかりません」と答えていては、カットができません。美容師さんも困り果ててしまうものです。それで、どうしてもイメージがわかない場合は、ヘアカタログなどを参考に、長さや、パーマをかけるかどうかなど、ある程度の要望を考えておきましょう。それを参考にして似合うものを、美容師さんが提案してくれるはずです。

美容師さんの言うことにも耳を傾けよう!

せっかくイメチェンをするために美容院に行ったのに、「前髪も作りたくない、カットもしたくない、カラーも嫌!」などというふうに、美容師さんの提案をすべて否定しているとイメチェンが難しくなってしまいます。絶対に妥協できないポイントの優先順位を決めて、それ以外はプロの似合わせ技術に合わせたほうが賢いかもしれませんね。自分には合わないと思っていたものが、意外と似合っていたというふうに、新発見があるかもしれませんよ。

優柔不断は命取り!?

カットしてもらっている最中に、「やっぱり前髪は切らないで欲しい」というように気が変わってしまうこともありますよね。でも、カットに関しては、もう決して後戻りできないポイントもあるようです。カット中に何度もオーダーが変わってしまうと、結果的に変なスタイルになってしまう可能性もあります。最初に明確なイメージを伝えたら、できるだけそれを貫くほうが良い選択肢なのかもしれませんね。こうしたポイントに気をつけて美容師さんに協力しながらオーダーをしていきましょう。

ヘアカットの1000円は、スピードカットとも言われています。基本的に髪のカットのみで、シャンプーなどのサービスは含まれていないことが多いです。

Comments are closed.