Get Social

リフォームで失敗しないようにするためのポイント

予算の上限を明確にしよう

一戸建てやマンションに住んでいると時間が経つにつれて不満な部分がどうしてもでてきますよね。かといって建て替えや新しい住宅を購入するのも大変です。そこで既存の建物をリフォームをするという選択肢が現実的なのですが、リフォームする場合に最も注意しなければならないことに予算があります。あれも直したい、ここも新しくしたいと膨らませていくととても高額になってしまいます。ですので、まず予算の上限を決めてその範囲内に収めることを実践するようにしましょう。

リフォームするにしても色々費用がかかる

住宅をリフォームする場合の予算計画においてはどうしても工事費に重点を置いてしまう傾向がありますが、実際リフォームするには本体工事以外にも様々な費用がかかります。具体的には設計士の方にリフォームをお願いする場合にはもちろん設計費がかかりますし、工事期間中引越しをしなければならない場合には引っ越し費用や仮住まい費用もかかります。増築した場合などには新たに登記する必要がありますので、その費用も見積もっておかなくてはなりません。

リフォームで一番お金がかかるのは水回り

リフォームする場合に最も要望が多いのは水回り、キッチン、バスです。キッチン、バスともに設備費が高額になるのがポイントです。中には数百万円する機器もあります。ですので、全体予算の中からバランスよく費用を捻出しなければなりません。お安く済ます方法としては、旧型モデルを選ぶという方法があり、中には定価の半額程度で購入することができる場合がありますし、新型と比較してそれほど変化のない場合もありますのでよく研究してみることをおすすめします。

玄関ドアリフォームをする場合は、鍵の形式を非接触型のICチップが搭載した鍵にしたり、ICカードキーにすることが出来ますので、鍵を開ける動作がスムーズになります。

Comments are closed.