Get Social

仕事を行うヒント!効率的に行うための3つのポイント

難しいものはまず手を付ける

どうしても仕事を効率的に進めることができずいつも残業になってしまう、いつも期限ぎりぎりになってしまう等、仕事を効率的に行うことができないと悩んでいる人は多いかもしれません。そういった人は3つのポイントを押さえて仕事を進めると効率的な仕事ができるようになるでしょう。一つ目は、難しいものはまず手を付ける、です。難しい仕事の依頼があった場合はどうしても後ろに回しがちですが、少なくとも少し手を付けてどのぐらい大変かを早めに確認することが後の作業が効率的に進む助けとなるでしょう。

簡単なものはさっさと片付ける

仕事を効率的に行うポイントの二つ目は、簡単なものはさっさと片付ける、です。これからやるべき仕事の数がたくさんあると、それだけで精神的に参ってしまい、作業効率も悪くなりがちです。そこで、簡単な仕事が回ってきた時は、やるべきこと一覧に加える前にさっさと片付けてしまうことが有効です。こうすることで、抱えている仕事の数を減らすことができるとともに、さっさと片付けた仕事に対する評価が「早かったね」ということになり、結果的には効率的に仕事ができている状態になるでしょう。

予想して前倒ししておく

効率的に仕事を行うポイントの3つ目は、予想して前倒ししておく、です。例えば、毎月月末に行っている作業があったとして、その仕事は他の部署から回ってくる月締めのデータを必要とするかもしれません。しかし、前年比の欄を入力しておくことや、途中までのデータに事業計画の数値を仮入力して分析をある程度行っておくことで、最終的な数値が来てからの作業時間を圧倒的に短くすることができます。余裕があるタイミングで可能な限り前倒しで作業を進めておくことが効率的に仕事をするコツでしょう。

ワークフローをクラウド上で使えるものを導入すれば申請や承認掛かる時間や負担も減らすことが出来て便利です。

Comments are closed.