Get Social

代理店の仕事がしたい!損害保険の代理店の仕事内容とは?

損害保険の代理店の仕事をするには

損害保険の代理店の仕事をして生計を立てていきたいと考えている人もいるでしょう。知り合いの中にそういう人がいると、意外と楽に稼いでいるように感じるかもしれませんが、仕事はなかなか大変です。まずその仕事をするには、損害代理店資格試験に合格する必要があります。しっかり勉強すれば合格できる資格ですが、保険の仕組み等をしっかり理解することはその後の仕事には不可欠ですので、単に合格すればいいというのではなく仕事に必要な知識を得るという心構えが必要でしょう。

損害保険の代理店の収入とは?

損害保険代理店になると、顧客に商品の説明をして契約の募集行為を行い、契約の合意が取れたら保険会社につなぐということが仕事になります。収入はどのように得るかというと、顧客からお金をもらうのではなく、契約が成立したら提携している保険会社から収入をもらいます。これをコミッションといいます。契約がたくさんとれることが、収入アップに繋がるという仕事です。保険の商品によってコミッションは違いますので、どの保険を売るか、どれぐらい売るかで年収が決まる仕組みになっています。

損害保険代理店の顧客との接し方

契約が成立すればするほど自分のコミッションが増えて年収が上がる仕組みになっていますから、とにかく契約件数を増やすということに集中してしまいがちですが、代理店の役割は顧客に対して適切な保険を紹介して説明するということも含まれます。そのため、契約件数に目がくらむことなく、顧客にとっていい保険契約になるようにいっしょに考えることも必要です。場合によっては、顧客が加入できるように保険会社と交渉するということも必要になるかもしれません。

業務委託は決められた作業の依頼を受けることが出来るので特定の分野で仕事をしたい場合には良い方法です。

社内でも交渉は必要!会社内での交渉コミュニケーションがうまくなる方法

一面提示と両面提示の使い分け

社内コミュニケーションにはいろいろありますが、他部門と利害がぶつかる時に社内であっても交渉が必要な場合があるでしょう。そうしたケースに使える方法が3つあります。一つ目は、一面提示と両面提示の使い分けです。一面提示とは、物事のいい面だけを伝える方法で、メリットを強調すると理解するといいでしょう。両面提示はいい面と悪い面を公平に説明する方法で、相手とある程度信頼関係が築けている状態で冷静に交渉をするときに役立つでしょう。

クライマックス法とアンチクライマックス法

社内での交渉コミュニケーションをうまくやる方法の二つ目として、クライマックス法とアンチクライマックス法を使い分けるという手があります。クライマックス法は、一番重要な事を先に伝え、詳細を後で伝える方法で、相手に興味がない時などに有効です。アンチクライマックス法はその逆で、詳細の話から入り最後に重要な結論を説明するという方法で、相手がすでに交渉に関して十分興味を持っている場合などに有効でしょう。これを使い分けることで交渉を有利に進めることができるでしょう。

フットインザドアとドアインザフェイスの使い分け

社内交渉の手法の三つ目は、フットインザドアとドアインザフェイスのテクニックの使い分けです。フットインザドアというテクニックは、承認してもらえそうな小さな要求を先にしてイエスと言わせ、だんだん要請を大きくする手法です。一度イエスというとその後もイエスと言いやすくなるという心理を活用している手法といえるでしょう。ドアインザフェイスのテクニックは、大きな要求を断らせ「悪いな」という気分に乗じて小さな要求をして本当の要求にイエスと言わせる手法です。

企業を存続させるためには様々な事態に対応できるように対策を立てておくことが重要です。そのためにBCPを行いたいのなら、専門業者のアドバイスを受けてみることをオススメします。

急なトイレ詰まり!そんな時どう対処する?

自分でできる?対処法

トイレ詰まりはどの家庭でも起きる可能性のあるトラブルですよね。詰まってしまったらまずはトイレ用のラバーカップ(スッポン)で何度か処置をしてみましょう。排泄物などの詰まりの場合にはこれで解消されることも多いです。トイレ用のラバーカップはホームセンターやインターネットなどで簡単に手に入れることができるので、こういった時の場合に備えて用意しておくと安心ですね。ただし、何度繰り返しても改善しない場合には業者に依頼する必要があります。

トイレに落し物!そんな時は!?

ポケットに入れていたライターや小銭などの小物を、トイレに落として誤って流してしまったなどという経験をした方もいるのではないでしょうか。そんなトラブルの際にはトイレ用のラバーカップで改善する可能性もあまり高くないので、業者にすぐに依頼しましょう。詰まったりせずにその後問題なく使用できているという場合にも、そのままにしておくと後々のトラブルの原因になったりしますので、業者に一度みてもらった方が良いですね。

トラブルの前に業者を探しておこう

トイレの詰まりは突然起こるものです。そんな時のために依頼する業者はあらかじめ決めておいて電話番号や住所などを控えておくと便利です。夜間や早朝などでも対応してくれる、無料見積りをくれる、料金が安いなど様々な業者がありますので自分にとって便利な業者を探しておくと良いですね。いかがでしたか?このようにトイレトラブルの際の手順をマニュアル化しておいて家族で共有しておくと、いざという時慌てずに済むので安心ですね。

トイレ詰まりは日常的によくあることです。もし詰まりが発生してしまったら、焦らずにラバーカップを使って対処すれば大半は解決します。

ページ:1234