Get Social

効果的に発電をするために!太陽光発電を設置する際の3つの注意点

太陽光発電では方位が重要

効果的に太陽光発電を行うためには、設置する際の、方位や傾斜角、日射量の検討などが必要です。北面に設置すると、真南に向けて設置する場合にくらべて、およそ40パーセントも発電量が落ちてしまいます。つまり、機器の性能以上に、方位などの設置条件が重要になるのです。ただ、最適な傾斜角度については、設置する地域や緯度によって異なってくるため、メーカーや設計事務所などと相談しながら、シミュレーションを行った上で決定することが大切になります。

太陽光発電では表面の温度も重要

太陽光発電の発電量には、太陽電池モジュールの表面温度も大きく関係しています。太陽電池は半導体であるため、温度が高くなると発電効率が低下してしまいます。また、逆に、温度が低くなれば、発電効率は上がります。そのため、積雪量が多い寒冷地などでは、太陽光発電は不向きであるとよく言われますが、一概にそうとは限りません。温度が下がると発電効率が向上する上に、スキー場の雪焼けと同じように、積雪による日照の増加によって、発電効率がさらに上がる場合もあるのです。

メーカーを選ぶ際にはメンテナンスの体制にも注目

太陽光発電のメーカーは、通常、10年から25年程度の出力保証を設けています。ただ、太陽光発電を選ぶ際には、メンテナンスも大変重要な基準になります。現在、太陽光発電に算入するメーカーが多数ある一方で、業界を去るメーカーも多数見られます。そうした現状をみると、長期の出力保証があるからといって、必ずしも安心とは言い切れないところがあります。将来にわたって、責任をもってメンテナンスを行うメーカーであるかどうかということも、太陽光発電を選ぶ際には、重要な基準にする必要があるでしょう。

エコロジーのために太陽光発電を始めるのはとてもよい選択肢です。そのために太陽光発電の価格を比較したいのなら、專門の情報サービスを利用してみると便利です。

Comments are closed.