Get Social

代理店の仕事がしたい!損害保険の代理店の仕事内容とは?

損害保険の代理店の仕事をするには

損害保険の代理店の仕事をして生計を立てていきたいと考えている人もいるでしょう。知り合いの中にそういう人がいると、意外と楽に稼いでいるように感じるかもしれませんが、仕事はなかなか大変です。まずその仕事をするには、損害代理店資格試験に合格する必要があります。しっかり勉強すれば合格できる資格ですが、保険の仕組み等をしっかり理解することはその後の仕事には不可欠ですので、単に合格すればいいというのではなく仕事に必要な知識を得るという心構えが必要でしょう。

損害保険の代理店の収入とは?

損害保険代理店になると、顧客に商品の説明をして契約の募集行為を行い、契約の合意が取れたら保険会社につなぐということが仕事になります。収入はどのように得るかというと、顧客からお金をもらうのではなく、契約が成立したら提携している保険会社から収入をもらいます。これをコミッションといいます。契約がたくさんとれることが、収入アップに繋がるという仕事です。保険の商品によってコミッションは違いますので、どの保険を売るか、どれぐらい売るかで年収が決まる仕組みになっています。

損害保険代理店の顧客との接し方

契約が成立すればするほど自分のコミッションが増えて年収が上がる仕組みになっていますから、とにかく契約件数を増やすということに集中してしまいがちですが、代理店の役割は顧客に対して適切な保険を紹介して説明するということも含まれます。そのため、契約件数に目がくらむことなく、顧客にとっていい保険契約になるようにいっしょに考えることも必要です。場合によっては、顧客が加入できるように保険会社と交渉するということも必要になるかもしれません。

業務委託は決められた作業の依頼を受けることが出来るので特定の分野で仕事をしたい場合には良い方法です。

Comments are closed.