Get Social

社内でも交渉は必要!会社内での交渉コミュニケーションがうまくなる方法

一面提示と両面提示の使い分け

社内コミュニケーションにはいろいろありますが、他部門と利害がぶつかる時に社内であっても交渉が必要な場合があるでしょう。そうしたケースに使える方法が3つあります。一つ目は、一面提示と両面提示の使い分けです。一面提示とは、物事のいい面だけを伝える方法で、メリットを強調すると理解するといいでしょう。両面提示はいい面と悪い面を公平に説明する方法で、相手とある程度信頼関係が築けている状態で冷静に交渉をするときに役立つでしょう。

クライマックス法とアンチクライマックス法

社内での交渉コミュニケーションをうまくやる方法の二つ目として、クライマックス法とアンチクライマックス法を使い分けるという手があります。クライマックス法は、一番重要な事を先に伝え、詳細を後で伝える方法で、相手に興味がない時などに有効です。アンチクライマックス法はその逆で、詳細の話から入り最後に重要な結論を説明するという方法で、相手がすでに交渉に関して十分興味を持っている場合などに有効でしょう。これを使い分けることで交渉を有利に進めることができるでしょう。

フットインザドアとドアインザフェイスの使い分け

社内交渉の手法の三つ目は、フットインザドアとドアインザフェイスのテクニックの使い分けです。フットインザドアというテクニックは、承認してもらえそうな小さな要求を先にしてイエスと言わせ、だんだん要請を大きくする手法です。一度イエスというとその後もイエスと言いやすくなるという心理を活用している手法といえるでしょう。ドアインザフェイスのテクニックは、大きな要求を断らせ「悪いな」という気分に乗じて小さな要求をして本当の要求にイエスと言わせる手法です。

企業を存続させるためには様々な事態に対応できるように対策を立てておくことが重要です。そのためにBCPを行いたいのなら、専門業者のアドバイスを受けてみることをオススメします。

Comments are closed.