Get Social

ここで差が出る!タクシー運転が心がけたい3つのポイント

休憩時間帯と休憩場所で差をつける

バブルの頃のようにお金を気にせずタクシーに乗るような時代はとっくに終わったと言われているため、タクシー運転手が確実に売上げを稼ぐのはなかなか厳しいいようです。しかし、3つのポイントを実行することによって同僚ドライバーに差をつけることができるかもしれません。まず一つ目は休憩です。仮に12時間勤務だった場合、少なくとも1時間は休憩を取るのが一般的ですが、その休憩は一番お客さんが少なくなる時間帯、休憩場所は次の仕事が入り易い場所を選ぶことが大切でしょう。

あえて乗り場で待って確実に稼いで差をつける

二つ目のポイントは、タクシー乗り場で待って確実に稼ぐことです。一見、激戦区の激戦時間にタクシー乗り場で並んで待つことは時間の無駄のように感じるかもしれませんが、流してお客さんを拾えないリスクを考えると確実に待てばお客さんを乗せられる時間帯は、あえて並んで待つという姿勢も大切でしょう。さらに、一度お客さんを運んだあとでゆっくり流して戻るのではなく、まだ乗り場で確実に乗せられる時間帯であれば高速を使ってでも再度列に並ぶように徹底するのも一つのやり方です。

人の流れを想像して差をつける

三つ目は、この時間帯であれば人々はどんな動きをするだろうと想像し、ターゲットとなる場所へ直行することです。例えば、会社が終わる時間帯に合わせ郊外の営業所から都心へ向かう場合、その途中でお客さんを乗せやすいようにゆっくりと走るのではなく、追い越し車線側で一目散に都心へ向かうという徹底した行動が必要です。こういったことの積み重ねが一日一人の客数の差となって返ってくる可能性があるのです。いかに限られた時間を有効に使うかを考えることが優秀なタクシードライバーになるためのポイントでしょう。

役員運転手は運転の技術だけでなく応対などの研修も受けた厳選された人材を派遣して貰えるので品質も高いです。

Comments are closed.